モチヅキな五行歌 by望月成人



6月度歌会レポート

6月21日(日)

 今月は中央生涯学習センターにて展示会を開催したので、歌会も同センターで実施した。
新来会者はいなかったが、久しぶりに金子さんがお孫さんを連れて参加して頂き、
和やかな歌会となった。また今回は題詠「色」で、色とりどりの華やかな歌会にもなった。

全てを           茶行(一席)
失ってもいいから
「落としたのは
金色(きん)の斧です」と
私は答えたいんだ!

 物欲が面白く表現されてていた。素直に強欲さをコミカルに表現されている。
教訓的な童話を新鮮な目で捉えている。
言えば失うのに言ってしまう「理想」を思い描いていたのか。
作者は昔からこの話の結末に疑問を感じていた。自分の気持ちを正直に詠ってみた。

ゴミと           しのぶ(二席)
騒音の街
今朝も祝福の虹
鮮やかに
七色

 朝から虹が出るのか?心の持ちようなのか?ブラジルの風景で、スコールが毎朝あるのか?
作者に何か嬉しいことが続いたのだろうか?など、いろんな事を連想させる。
作者は虹を仰いで自分とブラジルの街の出会いを祝福されているよう感じたのと同時に、
人の世に美と醜はつきものだと感じた。
しのぶさんは7月に帰国し、次回歌会より参加復帰予定です。
2年間は長かったようで、短かったかもしれません。

首領様の顔色を       鉄路人(三席)
見ながらする制裁
なんて
世界規模の
ビビリ!

五行目が面白い。風刺が入った時事ネタに天晴れ!
「首領様」ではなく、正しくは「将軍様」のケアレスミスが残念。
作者は北朝鮮の核実験をテーマにした。
世界はどんな方法で北朝鮮を変えることがでるのだろうか。

昨年メンバーに加わった外山みき子さんは沖縄に転居されました。
残念なお知らせにみんなの心も梅雨空のようになってしまいました。

朗読:金子フミ 書記:鉄路人

<出席者>金子フミ、茶行、清水つね子、颯乙女、鉄路人、望月成人

<作品のみ>栗原貞雄、しのぶ
[PR]
by gogyouka | 2009-06-21 23:18 | マロニエ歌会レポート
<< 五行歌247 五行歌246 >>


想いのままを、五行で詠う。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧