モチヅキな五行歌 by望月成人



8月度歌会レポート

8月8日(日)休会

発会後81回目の定例歌会は参加予定者が2名のため、急遽休会にして、紙上歌会に変更しました。
連続開催記録は途絶えましたが、9月の定例歌会は2回分楽しみたいと思います。

人生のピリオド    望月成人(一席)
打てぬまま
所在不明
という
生死を彷徨う

葬送の意味を再認識、生きて死んでが人生というもの。
家族縁の薄さだけではなく、神隠しにあったような不思議な世になってしまった。

生きることの     鉄路人(二席)
難しいこと
いや
のほほんとなら
簡単なんですがね……

「のほほん」の私ですが、それでも生きるって難しいです。
隠れた行間に自虐の責めを除かしている。
「のほほん」と生きるのは自分との闘いである。

川の音が聞こえる   茶行(三席)
白い雲も
見えるよう
二人で釣った
鰍酒の夜

思い出かもしれません。去った「時」かもしれません。
でも作品全体の中でほっと幸せを感じる。

書記:望月成人

<作品参加>栗原貞雄、茶行、清水つね子、鉄路人、細井教子、牧、まの字、望月成人

【来月歌会開催予定】
9月19日14時
姿川地区市民センター 学習室3

題詠「祭」

[PR]
by gogyouka | 2010-08-08 23:44 | マロニエ歌会レポート
<< 五行歌272 7月度歌会レポート >>


想いのままを、五行で詠う。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧