モチヅキな五行歌 by望月成人



7月度歌会レポート

7月22日(日)

今回は発会以来45回目の過去最低の新記録の参加者3名となりました。
一抹の寂しさと不安を感じますが、それでも休会せずに開催できた事に感謝してます。
またいつも以上に中身の濃い話も出来てよかったと思います。
しかし今秋に発行される歌会歌集でもっとPR活動して、
メンバー募集に力を入れたいと思います。

竹           清水つね子(一席)欠席歌
皮を脱ぐ
さながら
乱読の
気配

乱読にたとえる表現力に脱帽。
「皮を剥ぐ=表面的な読書」の発想の転換がすごい。

ビバ!ブラジル!    しのぶ(二席)欠席歌
果てしなく
赤い大地
世界の大陸から
民族の血を集めて

しのぶさんの元気な姿が眼に見えるようだ。
世界中からいろんな人種が集まっているブラジルの「赤い大地」と「民族の血」が非常に印象的。

あなたが生れて     牧(三席)欠席歌
自然のいとなみ、人のいとなみの
真の美しさを知ったの
母の遺言は
あなたへの「ありがとう」

女の一生を表している、母心の現れた歌。
お母さんが子供へ贈る「生れてきてありがとう」という気持ちが伝わる。

<出席者>茶行、貞木、望月成人
<作品のみ>栗原貞雄、しのぶ、清水つね子、鉄路人、牧、まの字
[PR]
by gogyouka | 2007-07-22 23:24 | マロニエ歌会レポート
<< 五行歌191 「あしたのジョー」の聖地など東... >>


想いのままを、五行で詠う。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧