モチヅキな五行歌 by望月成人



<   2006年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧


祭りの金魚

9/16~18に関東三大祭と言われる石岡のおまつりがあった。
茨城県石岡市、千葉県佐原市、埼玉県川越市、東京都府中市が
「自称」関東三大祭としているが、明確な定義はないらしい。
今更「四大祭」では示しがつかないのだろうか。

私自身もともと「祭り」は嫌いで、少年時代もあまり思い出はない。
祭りは祀りに通じている。
そういう意味では信仰を持たない人たちが、
ワケも知らず騒ぎまくったり、露天商で衝動買いするのは興ざめである。

またクリスマスのように、イエス・キリストの誕生を祝う日なのに、
サンタクロースがプレゼントを配るとか、若いカップルがデートするなど
全く違う方向に大衆が関心を持つことも馬鹿馬鹿しく感じる。

ところで先日実家に居候している長女が久々に石岡のおまつりを見に行ったらしい。
その時、金魚すくいをして、4匹ゲットした。(うち3匹はオマケらしい)
長女が飼うことになったが、1週間足らずで1匹死んでしまったようだ。f0051668_1838512.jpg

左からイモ・プヨ・アリスと名づけたらしい。
名づけセンスの無さはピカイチである。
第一自分の名前をつけるか?!

当の金魚たちは何を思い、来年の今頃にはどうなっているのだろう。
この祭りを気に、長女が小さい命の尊さを体感することを切に願っている。
[PR]
by gogyouka | 2006-09-30 19:24 | モチヅキな一日

フラガール見た

家内の実家のいわき市を舞台としたフラガールを今日家内とトーホーシネマズ宇都宮で見た。
f0051668_8312553.jpg

期待以上に良かった。
家内もそうそうあの踊り!と感動していた。

・・・・・詳しくは明日また書こう。。(_ _)....zzzZZZ

*****************************************************

さて、続きを。。

ストーリーは公式サイトを見ていただくとして、

部分的に面白かったシーンを紹介しよう。
まずいわきの訛り・方言がとても上手かった。
特に岸部一徳さんがキレて松雪泰子さんを罵倒するシーンは
訛りが酷くてチンプンカンプンだったが、超自然な口調だったので、
あれ?彼って福島出身?と思うほどだった。(実は大阪出身)

ただ家内にも理解不能だった。
どうやら家内の実家のいわき市の小名浜辺りは港町は別の訛りで、
湯本辺りの山側は郡山市の訛りに近いようだ。(義父は郡山市出身なので、微妙に違う)

次に話題の南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代さんも
「お笑い」シーンが多いと思いきや、「あの」雰囲気を活かしつつ、
父親との死別するシーンは一寸泣かせた。
名脇役として女優としての可能性はまんざらウソではないと思った。

勿論松雪泰子さんや豊川悦司さんもいい味が出ていたが、
やはりロケに出てくる細部が見事に再現され郷愁を誘う。
特に昭和40年代の乗り物(バス、列車)等が懐かしい。
また映像全体が淡いセピア色で、(「銀残し」という現像法と言うらしい)
ますます味わいある歴史を感じさせる。

身近な地域に密着した事実に基づく映画はひときわ感動する。
ちなみに以前「下妻物語」もお笑いのフィクション映画だが、
出てくるシーンはどこも見覚えのある場所ばかりで感動した。

とにかく最近見た映画の中でフラガールは一番のお勧めできる映画なので、
是非最寄の映画館に行って見てほしい。
[PR]
by gogyouka | 2006-09-28 23:58 | モチヅキな一日

五行歌128

f0051668_2281965.gif

[PR]
by gogyouka | 2006-09-26 22:08 | 本日の五行歌

五行歌127

f0051668_210210.gif

[PR]
by gogyouka | 2006-09-25 21:00 | 本日の五行歌

衝動的小旅行

昨日家族4人で那須ハイランドパークに行ってきた。
次女の部活が急に休みになったので、また衝動的に出かけることになった。
f0051668_917383.jpg
自宅から車で1時間半。那須高原にある緑に包まれた遊園地。
宇都宮は最高気温25℃であっても、栃木県北の那須町は15℃。
しかし晴天に恵まれたので、体感温度は温かかった。

午後からの入園だったが、連休にも係わらず混雑はなく、
スムーズにアトラクションに乗れたので、子供達は大変喜んでくれた。
下はバットフライヤー
f0051668_928585.jpg
私も子供達と一緒に久々に絶叫マシーンを楽しんだ。
下はビッグバーンコースター
f0051668_9262196.jpg
ちなみに家内は絶叫マシーンは苦手なので、
ゴーカートや観覧車などのどかな乗り物を楽しんだ。

4時間楽しみ5時近くになると太陽も山の影になり、一気に寒くなった。
もちろん財布の中身も寒くなったので、クリスマスのケーキやお食事等はお預け確定。
それでも家族みんな笑顔で何よりであった。
[PR]
by gogyouka | 2006-09-24 09:43 | モチヅキな一日

五行歌126

f0051668_10344655.gif

[PR]
by gogyouka | 2006-09-23 10:34 | 本日の五行歌

五行歌125

f0051668_21122649.gif

[PR]
by gogyouka | 2006-09-21 21:12 | 本日の五行歌

五行歌124

f0051668_17243021.gif

[PR]
by gogyouka | 2006-09-20 17:24 | 本日の五行歌

採用試験監督官の憂鬱

今日来年度入社の高卒採用試験が行われた。
昨年は20名が受験したが、好景気が災いして13名に減ってしまった。
採用枠は5名だが、例年早期退職を見越してか、若干名多く採用している。

従来は適性検査・作文・面接が行われるのだが、
今年は私の提案で、従来の適性検査に加えて、
さらに別の適性検査も実施することになった。
少ない受験者を多角的に分析して、
採否の判断材料や採用後の教育に少しでも活かす事が目的であった。
f0051668_2263818.jpg

作文の課題は「職業選択の基準」であった。
試験終了後、読んでみるとしっかりした考えを持った人もいれば、
幼稚な考え方、不可解な考え方の人もいて、ここでも人材の良し悪しが分かってくる。

大きな誤解を抱いたまま就職してしまうと、理想と現実のギャップに愕然とする。
特に最近の若者は忍耐力に欠けるので、誤解を解く間もなく職場を去ってしまう。
「青い鳥」を追いかけて離職し、安易にフリーターやニートになるのだろう。

現に今年採用した高卒8名中、2名は3ヶ月未満で退職してしまった。
同じ失敗を繰り返さない為に、しっかりと人材を見極めるスキルが会社幹部や自分に求められる。
[PR]
by gogyouka | 2006-09-19 22:29 | モチヅキな一日

五行歌123

f0051668_8252898.gif

[PR]
by gogyouka | 2006-09-18 08:25 | 本日の五行歌


想いのままを、五行で詠う。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧