モチヅキな五行歌 by望月成人



<   2011年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧


10月度歌会レポート

10月16日(日)

題詠「飴」

「飴」というお題は難しいと言いながらも、
甘い・辛い色とりどりの(飴の歌)が出そろい
有意義な歌会となりました

飴だけで      しのぶ(1席)
生きてけるかい
時には骨を齧り
木の皮をしゃぶろうよ
祖父母がそうしたように

・飴のお題で、骨が出てきた意外性に驚き
・自分の祖父が「木の皮かじって財を築いた」と言ったのを思いだした
・「生きてけるかい」というメッセージ性が素晴らしい
作者
「飴」は今の日本人の生き方を象徴した
もっと厳しい生き方をしないとやっていけないよ
というメッセージを込めた

まつりの灯りに   望月成人(1席)
照らされて
黄昏色に
溶けかけた
べっこう飴

・夏祭りの露天の、作りたてのべっこう飴を思い出した
・べっこう飴を、黄昏色としたところがいい
・材料として整い過ぎてはいないか
・風景がが目に浮かんできた歌

作者
「飴」で連想したのは飴細工
昔、祭の露天商で見たべっこう飴でできた飴細工を思い出しながら、
少しノスタルジーに浸った。

ガーゼのハンカチと まの字(2席)
ちり紙と
飴ちゃんは
おばあちゃんの
ポケットに住んでいる

・自分のおばあちゃんを思い出した
・ちり紙という言葉使いに時代性を感じた
・このとおりだなーと歌に共感した

作者
現実におばあちゃんのポケットにはこれ等のもの
が入っている(一回使ったちり紙なども)
おばあちゃん達そのものを歌った
奥がない歌なので、二席は恥ずかしい気がする

青空にたなびく   颯乙女(2席)
すじ雲
棒にからませて
巨大わたあめ
甘い風降りてくる

・そらの雲をみて、綿あめを作る視点の大きさがいい
・五行目の表現が素晴らしい

作者
すじ雲が、露店の綿あめに見えた時作った
空想なのだけれど、すぐに出来た歌

主席者:あきさん・茶行・颯乙女・しのぶ・鉄路人・まの字
作品のみ:栗原貞雄・望月成人
[PR]
by gogyouka | 2011-10-16 22:06 | マロニエ歌会レポート


想いのままを、五行で詠う。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧